工作機械・超精密加工

製品情報工作機械・超精密加工>超精密CNC旋盤 UPLシリーズ
超精密CNC旋盤 UPLシリーズ

超精密加工機の製作に不可欠な、他社にはない当社独自の高精度キサギ技術。
オプションでマルチ加工システムも構築可能。
コストパフォーマンスに優れた超精密CNC旋盤。

UPLシリーズは、主軸に静圧空気軸受を採用、スライド部は独自のノウハウによる確実な応答性のスベリ案内を持つ超精密CNC旋盤で、形状精度・寸法精度・表面粗さ精度を極限まで追求し、鏡面加工を可能としています。

特 長
  1. 主軸は静圧空気軸受で、回転精度に優れ、加工物の真円度0.1μm以内の加工が可能です。
  2. NCの最小設定単位を0.01μmとしました。
  3. 非鉄系材料を単結晶ダイヤモンドバイトで切削することにより面粗度0.01μmRa以内(鏡面)
    形状精度0.2μm以内の加工が可能です。
  4. オプションとして非球面形状演算ソフトを準備しています。
  5. UPL-240はφ400mmまでの大物超精密部品加工に適しています。
  6. 主な対象加工物
    (1)コンタクトレンズ、トーリックレンズ
    (2)フレネルレンズ金型、レンチキュラー金型
    (3)各種反射ミラー及びその金型
    (4)各種球面、非球面プラスチックレンズ及びその金型
    (5)その他鏡面、寸法精度、形状精度を必要とする超精密機構部品
  7. オプション
    (1)NC小型サーキュラテーブル(CTS)
    X軸スライド上に固定し、バイトを旋回させることにより球面、非球面、フレネルレンズ加工に使用します。

    円テーブル直径 φ120mm
    早送り速度 1000°/min
    最小設定単位 0.001°
    最大加工径 φ100mm

    (2)NC小型スライドテーブル(STS)
    主にNC小型サーキュラテーブル上に固定し使用します。バイト刃先と回転中心のR寸法を設定することにより任意のRをサーキュラテーブルを旋回させることで1軸加工します。

    ストローク 50mm
    早送り速度 500mm/min
    最小設定単位 0.001mm
    最大加工径 φ50mm

    また、本装置を精密CNC旋盤RNLシリーズのX軸テーブル上に主軸中心線に対し角度を持たせ固定することで、テーパ加工を1軸加工とし真直度・面粗さ精度を向上させることができます。
  8. 超精密旋盤関係では他に、レンチキュラーレンズ金型加工機、大口径ワーク加工用の縦型超精密旋盤を
    製作しています。

 

仕 様
主軸軸受の形式
静圧空気軸受
主軸回転数 50〜3,000mim-1
主軸モーター出力 2.2kW
主軸先端穴の形式 コレットタイプ
主軸ラジアル剛性 25sf/μm
主軸アキシャル剛性 80sf/μm
チャック能力(コレットの場合) φ24mm
空気消費流量 160Nl/min
最大加工径 φ400
刃物台の形式 並列型
使用バイト □13mm
軸ストローク 240mm
Z軸ストローク 240mm
最小設定単位 X軸 0.01μm
Z軸 0.01μm
早送り速度 X軸 400mm/min
Z軸 400mm/min
切削送り速度 0.01〜400mm/min
機械本体重量 2,000s
所要床面積(横×縦×高) 1.5m×2.2m×1.5m
所要電力(100%負荷) 9KVA
電源 AC200/220 50/60Hz
制御装置 FANUC製

お問い合わせ先

機械工具営業部

TEL/03-5204-3147 
Email/kikai@rkn.co.jp