工作機械・超精密加工

製品情報工作機械・超精密加工>次世代複写機ローラー加工機 RRL-1
次世代複写機ローラー加工機 RRL-1
特 長
  • 次世代型ローラーを視野に入れ、精度を追求しました。
    固定主軸と移動主軸間にワークを装着し、両主軸を同期回転させます。
    作業者側のX1・Z1テーブルにて外径加工を実施、反作業者側X2・Z2テーブルはワーク振れ止めや
    シェーパ加工を行います。
  • 両主軸は、セラミック製アンギュラーベアリングを採用し、10,000min-1と高速回転で
    更に真円度0.3μm以内の高精度を実現しました。
  • 両主軸モータは、ビルトインタイプを採用しベルトによる振動を排除しました。
  • シェーパ加工用主軸割出機能は、最小設定単位0.0001度で100分割割出精度の実績は±18秒です。
  • 外径加工用X1・Z1軸は面粗度を向上させる目的で、スベリ案内を採用しました。
  • X2・Z2軸は、精密リニアガイドを使用し滑らかな送りを重視しました。
  • 主な精度
    1. 真円度・・・・・・・0.3μm
    2. Z軸真直度・・・・2μm/400mm
    3. 円筒度・・・・・・・10μm/300mm
    4. 面粗度・・・・・・・0.8S
  • 全体カバーは、後部にも扉を設け、段取り性を考慮しました。
  • 写真左は、左側パレットとオートローダ仕様です。
  • 写真右は、機械内部で、中央がチャッキング用のワーク仮置き台です。
仕 様
両主軸台 主軸軸受の形式 セラミック アンギュラベアリング
主軸回転数(無段変速) 1,000〜10,000min-1
モータ型式 FANUCビルトインモータ1.5kW
同期回転精度 ±10分
主軸割出 CS軸制御0.0001°
モータ冷却 室温同調±0.5℃
作業者側
クロステーブル
(X1、Z1)
テーブル上面から主軸中心線までの高さ 110o
刃物台の形式 並列型
使用バイト □13o
X軸(刃物台の横送り)移動量(スベリ案内) 100o
Z軸(刃物台の縦送り)移動量(スベリ案内) 450o
最小設定単位 X1軸 0.1μm
Z1軸 0.1μm
早送り速度 X1軸 5m/min
Z1軸 10m/min
サーボモータ X1軸 0.5kW
Z1軸 1.4kW
反作業者側クロステーブル仕様は(X2、Z2)、案内面形式のみLMガイドで他は上記同様
テールストック
主軸送り軸
ストローク 250o
案内面 リニアガイド
最小設定単位 0.1μm
早送り速度 10m/min
サーボモータ 0.75kW
その他 機械本体重量 約3,000s
機械の大きさ 1,730×1,500o(本体のみ)
所要電力 100%負荷で27kVA
電源 AC200V(+10%−−15%)50/60Hz

お問い合わせ先

機械工具営業部

TEL/03-5204-3147 
Email/kikai@rkn.co.jp