沿革

1935(昭和10)年
柿崎工場創設
理研ピストンリング株式会社の柿崎工場として現在地に設置
1937(昭和12)年

宮内工場(現長岡センター)の創設
理化学研究所精機部ほか関連4社の工作機械専門工場として現在地に設置

1938(昭和13)年
理研ピストンリング株式会社、理研特殊鉄鋼株式会社が合併し
理研重工業株式会社と改称
1941(昭和16)年
理研重工業株式会社他6社が合併し理研工業株式会社設立
1949(昭和24)年
企業再建整備法により理研工業株式会社は分割され、第二会社11社を設立し解散、11社の内の1つとして理研製鋼株式会社設立
宮内工場は新潟工業株式会社となる
1951(昭和26)年
新潟工業株式会社を合併し、理研製鋼株式会社 宮内工場とする
1959(昭和34)年
万能工具フライス盤「RTM-3」完成
1960(昭和35)年
「軸受鋼線材SUJ2」JIS表示認可
1980(昭和55)年
資本金を1億2,000万円に
宮内工場を長岡工場に改称
1981(昭和56)年
資本金を1億4,400万円に
1982(昭和57)年
「緩和浸炭ドリルの製造方法」(MICドリル)特許取得
1983(昭和58)年
大同特殊鋼株式会社と業務提携
1985(昭和60)年
資本金を1億6,000万円に
1987(昭和62)年
超CNC旋盤「UPL-1」第12回発明大賞特別賞を受賞
1991(平成3)年
資本金を4億8,500万円に
柿崎工場に新工具工場完成
1998(平成10)年
柿崎工場ISO9002認証取得
2001(平成13)年
柿崎工場ISO9001:2000に更新、移行
2003(平成15)年
大同特殊鋼株式会社 星崎工場からWD設備移設
2004(平成16)年
柿崎工場、長岡工場ISO14001認証取得
2005(平成17)年
株式会社不二越と業務提携
2010(平成22)年
柿崎工場・総合事務所を集約し、本館・工具工場を改築
2011(平成23)年
組織改正により長岡工場を長岡センターと改称
柿崎工場鉄鋼熱処理炉を最新設備にリニューアル
2013(平成25)年
柿崎工場に鉄鋼倉庫を新設