工作機械・超精密加工

製品情報>工作機械・超精密加工
工作機械

工作機械部門は、1937年(昭和12年)に旧理化学研究所の工作機械製造工場としてスタートして以来小型精密工作機械の開発・製造を続け、常に時代のニーズを満足させる一歩先を行く機械として熱い信頼を集めてきました。 その証として精密汎用旋盤RBL-51は、技能五輪全国大会において常に採用され続けています。

製造機種・機械一覧
超精密加工

当社製「超精密CNC旋盤UPL-240」による鏡面ミラー、各種レンズ等あらゆる超精密・高品質部品加工にも対応いたします。

・加工事例はこちら

PDFファイルをご覧になるにはAdobe社のAcrobat Readerが必要になります。

お問い合わせ先

機械工具営業部

TEL/03-5204-3147 
Email/kikai@rkn.co.jp